国内の空港事情を知っておこう

青空と草原

国内の空港事情を知っておこう

安い値段で航空チケットを購入することができるのが、格安の航空券になりますがそれを目当てにすることによって、後でトラブルになることもあります。最低限知っておいてほしいこととして、空港の事情などもありますのでおさえておくことをおすすめします。

大きな空港こそ迷ってしまうことが多い

地方の空港になると、それほどチェックインカウンターやターミナルが多いわけではありませんので、それほど迷うことが多くありません。
ただし地方空港から大きな空港に向かうこともあるでしょう。
そんなときにこそ問題は発生します。

大きな空港こそ、特にLCCの利用になるとチェックインカウンターやターミナルがフルサービスキャリアよりも遠くに離れていることが多いです。
徒歩になると10分以上かかることも珍しくありません。
飛行機が沖付けにされていることもあり、バスを使って移動することもあります。

しかもチェックインの時間がフルサービスキャリアよりも短くなることから、迷ってしまうことで飛行機に搭乗できないことも。
そうならないためにも事前にチェックインカウンターとターミナルの場所くらいは確認しておきましょう。

空港によっては利用できる航空会社が限られてくる

フルサービスキャリアであれば、ほとんどの空港にて運航をしていますので、それほど問題になることはありません。問題になるのはLCCです。
評判が高いLCCこそ、地方空港で運航便を持っていないことも多く、それによって話題の格安な航空券を国内で利用できなくなることもあります。

利用できるLCCの数が限られていますので、必ずチェックしてから利用をしましょう。
特にマイレージプログラムに参加しているような方こそ、利用する空港の運航便のチェックを怠らないようにしてください。

受託荷物で揉めないためにしておくべきこと

受託荷物の制限があるのは、フルサービスキャリアも同じですが、特にLCCは一層厳しくなる傾向があります。
チェックイン時に超過がわかると、割り増しな料金を取られることに。
そうならないためにも事前に受託荷物だけではなく手荷物に関しても、制限について把握をしておきましょう。

LCCの利用こそ諸問題が生じることが多い

フルサービスキャリアでの格安な航空券の利用ではそれほど問題が露出することはありませんが、LCCになると一層それが多く露呈することになります。
国内でLCCの航空チケットを利用しようと検討している人ほど、注意しておきましょう。